blog

6の星のはなし。魔法のことばのおまけもついているよ。

条件が揃っていないから幸せなのであって。

6の日の今日は、調和、ロマンティック、夫婦、子育て、家族…なんて意味があるのだけど。

満たされない心、望むものが手にはいらない今、うまくいかないこと…。

噛みくだいていうと、仕事がうまくいかない、

恋愛がうまくいかない、
子育てうまくいかない、
旦那とうまくいかない、

とかね。

じゃあそのうまくいかないことがうまくいったら、
うまくいくのかしら。と、思えば、そうでもなくて。

6はね、どんな状況であっても、

わたしは大丈夫。と、

わたしの中にある平和を教えてくれる日。

たとえばよ、

揉め事や、問題をかかえている人がいる、
自分ルールに反する人がいる、
ゴミをポイ捨てする人がいる、
愛想の悪いコンビ二の店員がいる、
子供が言うことを聞かない、
恋人やダンナが話を聞いてくれない、etc。

なんていう状況でも、

「わたしは大丈夫だわ。」っていられる状態が平和なのね。

大丈夫だわって思えないとき、
平和じゃないとき、そういうときはね、

目の前に、↑こういう人が現れてね。助けようとするの、正そうとするの。

でも実は、

”助けるフリして正そうとするフリして自分のやり方を伝えて自分の思う通りにしてもらって自分が嫌な思いをしないようにしている”っていうことがあるの。

○○のことが心配だから、○○のために言っているのよ。というアレね。

ほんで、相手からお礼の言葉とかないとちょっとイラッとする。とかね。

(感謝の言葉がほしかったりするのよね。そういう時って、わたしがわたしに感謝してあげるときなんだよね。)

うん。で、その相手にしてあげたい気持ちは本音。

ただ、ね、そのしてあげたい気持ちをまずは「わたしにむける」こと。

それが6のもつ、愛の表現のひとつで、象意にもある調和へと繋がるのね。

「目の前のわたしと調和する」そんな感覚。
わたしと調和していくとね、

”目の前に現れたもう一人のわたし”も喜んだりするんだ。子育てにも通ずるよね。

なんというか、わたしから出た感情は誰の責任でもなくて。

だからね、わたしを喜ばすこと、わたしの心を満たすこと。これなのよ。これはさ、美意識にも繋がるよね。

6はね、わたしのなかにある美のスイッチを起動させる日なんだよね。

平和…調和… と、

バロメーターはあがる。

6の日の今日はさ、

好きな曲、

香り、

時間、

場所でね、こう唱えるんだ。

「わたしへ、

いつもありがとう。

いつも頑張ってくれていてありがとう。

大変だよね。いつもみているよ。

見守っているよ。

大切にしているからね。

大好きだからね。

愛しているよ。」

魔法のことば


頭と体で感じる。11の星のはなし。

頭と体で感じる日。

今日はね、数秘では2の日なのだけど。

純粋、相手、分析って意味があってね。

元気があるときは、

頭と体で同時に感じることができる。

直感も冴えまくるの。

だけど、なんだか腑に落ちない、
罪悪感でいっぱい、自分を責めちゃう、許せないことがある…。

なんてときはさ、あの人は〜だからね、
なんて、相手をあれこれ分析しては、着地点がみつからず、意味がわからなくなる。

で、けっきょくわたしはどうしたいのか?

と、わからなくなる。

相手がいるから、比較や劣等感がうまれて、なんとか優位にたとうとしたり、正当化しようとするもので。

とはいえ解決はシンプルで、
わたしと相手はちがう価値観の持ち主なだけ。

苦手なあの人は、わたしが知らない価値観をもっていて、それをわたしのハートに教えてくれているだけ。

わかっちゃいるけれど、

つい、こうすればもっといいのに!っていう理想を貫きたくて築きたくて、

完璧になろうと、平和主義であろうとしちゃう。それが11、2。

理想に向かって、磨くつもりで一人で必死に頑張って、気づけばすり減っている。

すると、わたしの世界に歪みがでちゃう。

だからね、頑張るのをやめる。
責めるのもやめる。

理想や平和を手放したら、理想や平和がやってくるの。

ほんでね、キラクでステキなわたしになる前は、一時的に落ち込んだりするもの。

それって、これまでの価値観を手放そうとしているからちょっと疲れるの。

でもね、新しい価値観を受け容れようとしているシルシでもあるんだよ。

でね、その先には必ず、おーきなおーきな愛(わたしが本当にほしかったもの)が、

わたしを優しく包みこむのを待っているんだよ。

そんな日。


獅子座の満月の日。5の星のはなし。

土曜日は獅子座の満月。

数秘 ではね、5の日だったんだよね。

5はね、チャレンジの日、体感する日、なんだ。

チャレンジといっても、ね、満月の前後は、感情のアップダウンや、体調を崩したりしていた人も少なくないはず。で、

この日はアクティブな意味でのチャレンジ、という行動面よりも、心の面の話で

”わたしのダメなところ” を晒して”わたしのしたいこと”をしてみる、という感じなの。

ほんで、結果がどうこうよりも、その時に感じるザワザワした気持ちも一緒に出してみる。感じてみる。

「あっ、なんだ、いがいと大丈夫だ!」
「あっ、なんか、スッキリした〜〜」

問題は問題ではなかったんだね、そんな感覚を味わう日でもあったんだ。